Vライン 上部

サイドだけじゃなく、Vライン上部(トライアングル上)も脱毛した方がいい?

白衣女性1

Vラインの脱毛には、Vラインサイドだけでなく、「Vライン上部」または「トライアングル上」と言われる部位があります。

 

どちらも指す場所は同じで、アンダーヘアの上部分のことです。ショーツの上からはみ出している部分とも言えますね。

Vライン上の脱毛まで必要?

でも、Vライン上部(トライアングル上)の脱毛は必要なのでしょうか?

 

この部分は、もともとムダ毛が生えていない人も多いんです。
ですから、必ずしも脱毛が必要な場所ではありません。
ショーツからはみ出すぐらいにムダ毛が生えている人、はみ出していなくてもぎりぎりまで生えていてはみ出しそうになっている人は、脱毛した方が良いでしょう。

 

Vライン上部の脱毛範囲イラスト

>>V上、Vサイドを脱毛するなら<<

 

全体をキレイにしたいなら、V上も処理しちゃおう!

ただ、生えている範囲自体はもっと下の方からだとしても、ムダ毛がはみ出してしまう人はいます。また、生えているわけでなくても、ムダ毛が長くて毛先がショーツの上からはみ出してしまっている人はいます。その場合は脱毛するのも手ですよ。

 

Vライン上部(トライアングル上)というのは、ショーツの内側約2センチ程度までが脱毛範囲になります。ですから、ムダ毛の毛先がはみ出さないように、アンダーヘアの範囲を小さくしておくのはおすすめです。

 

と言っても、毛先がはみだすだけならカットして長さを整えることもできるわけですから、本当に脱毛が必要なのかどうかはじっくり考えてみましょう。Vライン上部(トライアングル上)の場合はVラインサイドのように安いプランがあることも少ないので、カウンセリングで勧められても、「不要なら不要」ときっぱりと断るようにしましょうね。

 

>>まずはVサイドだけでもOK!<<

高品質&リーズナブルな脱毛エステサロンランキング【Vライン上部やVサイド】

ミュゼプラチナム

ミュゼのロゴ

Vラインサイドとセットで、Vライン上部(トライアングル上)やトライアングル下の脱毛も考えているなら、ミュゼプラチナムは必ずチェック!

白衣の女性2

オススメの脱毛方法

一番オススメの契約方法は、まずVライン(両サイド)の脱毛完了コースで、「Vラインの脱毛がどんな感じか」をつかみます。
それから、Vライン上部(トライアングル上)やトライアングル下を追加したり、ハイジニーナ(VIOライン)脱毛に変更したり、自分の脱毛したい部位がほかにもあるならセットで脱毛しておきましょう。

>>詳しくはこちら<<

失敗しないために・・・

初めてのエステサロンで失敗しないポイントは、いきなり複数部位(3部位以上)や全身脱毛を契約しないこと!両ワキやVラインなどの部分脱毛から試して、サロンの脱毛技術や接客・雰囲気を確かめましょう。
途中から脱毛部位を増やすと、嫌がられるどころか大喜びされますので、ご安心を♪

>>ミュゼの口コミ

トライアングル上のみ (※Vライン上部のこと)

4回12,000円(税別)

トライアングル上&

トライアングル下&
Vラインサイド

合計35,328円(税別)

※上下各8回以上の契約で、両ワキ&Vサイドの回数無制限が付いてくる!

ハイジニーナ

(※VIO全部)

6回50,340円(税別)

両ワキ&Vサイドの回数無制限が付いてくる!

Vライン上の脱毛ならこのエステ

【第2位】エピレ

エピレ公式サイト

ファーストプランでVライン上部を選ぶよりは、VIO5部位のセットプランがオススメ!超リーズナブルな価格で3回脱毛できます!

≫エピレを詳しく

【第3位】TBC

TBC公式

1,000円で1部位(Sパーツ4回orLパーツ2回)のお試しができる!ビキニライン上はもちろん、全身から1つ選べます。

≫詳しくはこちら


このページの先頭へ戻る